更新の際に構造を変える事があります。 構造を変えるとアドレスが一から再配分されますので
ブックマーク等でお気に入りのページに飛んだ際に、目的と違うページが表示されることがあります。
その場合は画面一番下の [ TOP ] からトップページへ移動して、トップページから
目的のページへ移動してください。 お手数ですがよろしくお願いいたします。


脱ステロイド教という名のカルトについて

 絶対にやってはいけないアトピー治療って?
【問】 ステロイドを使う使わないに拘わらず、「これだけは絶対にしてはイケナイ治療法」っていうもの はありますか?
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
【答】 あります。

 ステロイドを使う治療法と、脱ステロイドともに、如何なる理由があっても絶対にしてはいけない治療 法があります。

 ステロイドを使う治療法で禁忌なのは、ステロイド外用剤を漫然と常用し続けて、効き目が落ちると順 次強力なステロイドい外用剤へ切り替えて行く事です。
 これを繰り返せば最強の外用剤でも効かなくなる日がやって来るのは必至で、外用剤で効かなくなれ ば内服剤を服用せざるを得なくなります。
 内服剤でも効かなくなれば、直接注射しなければならなくなります。
 そこまで至れば、遠の昔に副腎は機能を停止して萎縮しています。
 内臓不全を起こして死に至るのも時間の問題でしょう。

 一方、脱ステロイドの場合、信頼の出来る医師がステロイド皮膚症だと診断した場合に、その医師の 指示の下、適切にコントロールされた脱ステロイドのみが「やっても良い脱ステロイド」です。
 そしてそれ以外全て「絶対にしてはイケナイ脱ステロイド」です。



トップへ
戻る
前へ
次へ