更新の際に構造を変える事があります。 構造を変えるとアドレスが一から再配分されますので
ブックマーク等でお気に入りのページに飛んだ際に、目的と違うページが表示されることがあります。
その場合は画面一番下の [ TOP ] からトップページへ移動して、トップページから
目的のページへ移動してください。 お手数ですがよろしくお願いいたします。


クルマ雑学

いつの日かクルマは自動走行になるのでしょうか?
【問】 いつの日かクルマは自動走行になるのでしょうか?

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

【答】 なりません。
 道交法並びに刑法が根本から改正されない限り、クルマが自動走行に成る日は永遠にやって来ませ ん。
 何故ならクルマが事故を起こした際、例え其れが不可避であっても必ず誰かが責任を負わなければ ならないからです。
 現在日本国内で登録されている車輌は4〜5千万台あるでしょう。
 この内2千万台が常時稼動しているとして、これに自転車と歩行者が加わってモータリゼーションが 機能しているのです。
 自転車と歩行者を制限しないで車輌だけを自動化した場合、コンピューターの対処出来無い事態が 必ず発生します。
 例えば走行中のクルマの直前に飛び出されたどうなるでしょうか?
 空走距離が短く出来る分、人が運転するよりも短い距離で停止し得るかも知れませんが、物理的に 回避不可能な物は回避出来ません。
 轢いてしまうでしょう。
 これが人の運転するクルマの起こした事故なら、『運転者の前方不注意』などと云う、愚にも付かない 判決でドライバーに責任が負わされます。
 しかし、コンピューターが運転していた場合どうなるでしょう?
 コンピューターに間違いはないから、轢かれた人が悪いと決め付けるのでしょうか?
 それとも、「ひょっとしたら止まれたかも知れないのに、止まれないクルマを作ったメーカーが悪い」 と、メーカーに責任を負わせるのでしょうか?
 この問題に対する明確な答えが得られない以上、クルマが自動走行になる日は来ません。
 少なくとも、ウィンドウズなどと云う凍り捲くる不良OSがシェア1位なんて情けない現状からは、遠すぎ る未来の話です。
 多分、メイドロボが完成する方が先だと思いますよ(笑)。

 ↓ ↓ ↓

 とはいえ頑張っている。

 2012.03.29 Gigazine
         Googleの自動運転カーほぼ完成、
         最初のドライバーを乗せて手ぶら走行中のムービー公開
         http://gigazine.net/news/20120329-self-driving-car/

 2012.04.27 みそパンNEWS
         【技術】Googleの自動運転カーほぼ完成、
         最初のドライバーを乗せて手ぶら走行中のムービー公開
         http://blog.livedoor.jp/misopan_news/archives/51823704.html

 2013.09.01  暇人\(^o^)/速報
         【動画あり】 「自動運転車」 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
         2035年、車を運転しない時代へ
         http://himasoku.com/archives/51800226.html

 もし自動化が叶うなら、その時はドライバーにブレーキペダルだけ与えられて

 「基本的にクルマが危険を感知して自動的に制動するが、
  機械が制動しない時はドライバーがブレーキペダルを操作して危険を回避すること」

 という形になるんだろう。

 確かに前後左右の安全確認を常時同時に行い続ける自動運転の方が人間よりも優れている点は多 い。
 ヒューマンエラーに比べればバグの方がリスクは圧倒的に低いだろうし。

 それでも最終的に責任を負わされるなら、自分の手で運転をしたいね、私は。

 責任だけ負わされる自動化なら要らないや。

 ちなみに、↓これは盲点のようで盲点じゃない。

 > 94 名前:名無しのひみつ:2012/04/26(木) 11:43:55.50 ID:xbMKXx+L
 > 確かにな
 > どっからどう見ても信号や標識にしか見えないアートが建ててあっても
 > 見間違えないようにしないといけないからなー

 信号に関しては管制室から直接制御データーを電波で受信すれば、カメラで目視する必要はない。
 標識もマップに登録してGPSの自車位置データと照合するだけで誤認は防ぐことが可能だ。

 技術の進歩に連れてハードルが下がりつつあるのは事実のようだね。


トップへ
戻る
次へ