更新の際に構造を変える事があります。 構造を変えるとアドレスが一から再配分されますので
ブックマーク等でお気に入りのページに飛んだ際に、目的と違うページが表示されることがあります。
その場合は画面一番下の [ TOP ] からトップページへ移動して、トップページから
目的のページへ移動してください。 お手数ですがよろしくお願いいたします。


ドライヴィング理論

ブレーキを残すことによって更に速く走れるのか?
【問】コーナーへの侵入では、ブレーキを残すのがセオリーだと聞きました。

 ブレーキを残さないで曲がれるコーナーがあるとします。 
 そのコーナーへの侵入でブレーキを残せば、更に速く走るコトが出来るのでしょうか?

■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■

【答】
 速く走るコトが出来る場合もありますし、出来ない場合もあります。

 そもそも何故ブレーキを残すのかと言えば、タイヤの摩擦力を最大限に使いたいから残すのです。

 これは単純に摩擦円の概念です。

 制動を伴う旋回を段階別に分けて観察するとしたら
・第一段階 → 直線からの制動
・第二段階 → 制動から旋回へ
・第三段階 → 旋回
・第四段階 → 旋回から加速へ
・第五段階 → 加速して立ち上がり
 の五段階になると思います(区切り方に決まりがあるワケではありません)。

 「ブレーキを残す」or「残さない」は、この中の第二段階の話です。
 ここでブレーキを残さなくても摩擦円を使い切れているなら、ブレーキを残すことで返って遅くなります (というより、クルマがスピンモードに入ったり、ドリフトアウトしたりしてしまう)。
 逆に、ここでブレーキを残さない時に摩擦円に余裕があるなら、ブレーキを残すことで旋回制動が可 能となりますから、その制動分だけ進入速度を上げることが出来、ブレーキを残すことで速くなります。

 単に「ブレーキを残せば速い」のではなく、「ブレーキを残せば速くなる状況なら、残した方が速い」と いうダケの話です。


トップへ
戻る
前へ
次へ