更新の際に構造を変える事があります。 構造を変えるとアドレスが一から再配分されますので
ブックマーク等でお気に入りのページに飛んだ際に、目的と違うページが表示されることがあります。
その場合は画面一番下の [ TOP ] からトップページへ移動して、トップページから
目的のページへ移動してください。 お手数ですがよろしくお願いいたします。


脱ステロイド教という名のカルトについて

 今掛かって居る皮膚科医が信用できない
【問】 脱ステロイドは最悪の選択だとしても、今掛かって居る皮膚科医を信用して良いのでしょうか?
碌に症状も観察しないでステロイド外用剤を処方されても安心できません。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
【答】 別にアトピーに限った事ではなく、最良の治療は最良の医師に巡り合う事にあります。
 巷に皮膚科医はゴマンと有りますが、一生を左右しかねない疾患を任せるに足りる医者は極僅かだ と思います。
 私なりに感じた良い皮膚科医は、
(1)ステロイドに関する知識がある。
 ステロイドの連用に因って生じる「慣れ」を知らない医者や、外用剤と内服剤の副作用の差を知らな い医者がいます。  リバウンドを副作用と捉えていたりしますので、自分で最低限の知識を学んで、自 分以下の知識の医者には掛からないようにしましょう。
 質問をされて怒り出すような医者は知らないから怒るのです。
 時間が勿体無いですから、質問して医者が怒ったらさっさと帰って、他の病院へ行きましょう。

(2)ステロイドを盲信しない、また、ステロイドを否定しない。
 ステロイドは一部の患者を除いて非常に効く薬ですが、非常に良く効くだけに相応の副作用が懸念さ れます。  「漫然と使用して良い薬では無いが、否定できるだけの代替治療も存在しない」とちゃんと 理解出来ていないのはヤブです。

(3)安易に脱ステロイドを勧めない。
 患者の一部にはステロイドの効き難い人が居たり、アトピー性皮膚炎に見えて実はステロイド皮膚症 だったりする場合があります。
 前者に対してはステロイド以外の治療を施さざるを得ませんし、後者に対してはステロイド外用剤の 使用を徐々に減らして皮膚症を改善すべきです。
 しかし、「ステロイドは恐ろしい薬だから使ってはイケナイ」という理由でステロイド外用剤の使用を中 止させる医者はヤブです。  ましてや、待合室に「当院では恐ろしいステロイドは処方しません」などと 張り紙してある医院などは論外です。

(4)患者をちゃんと診察する。
 当たり前って言えば超が付く程当たり前の事なのですが、これをしない皮膚科医が居ます。
 ひょっとして醜く爛れた患部を診たり触ったりするのが嫌なのかも知れませんが、もしそうなら皮膚科 医を辞めるべきです。
 患部をちゃんと診察しないと、ステロイド外用剤の強さの選択さえ出来ません。
 その医者がどうやって薬を選択しているのかを考えると背筋が寒くなります。

 なお、漢方薬を飲ませながら脱ステロイドをさせる医院の中には、患部を診ないで漢方薬を処方する 医者が居ます。
 個人個人に合わせて調合しなければならない漢方薬を画一に処方している時点で言語道断ですが、 脱ステロイドは危険な行為ですので、やるなら患部の重症化を緻密に計算して重篤な状態に陥る前に ブレーキを掛けなくてはなりません。
 ですので、脱ステロイドには丁寧な診察が必要不可欠なのです。
 それをせずに脱ステロイドをさせるのは傷害罪に問われる行為です。
 ましてや、薬剤を通販で送る医院などは正気の沙汰ではありません。

(5)診療に時間を掛ける
 (4)とも重複しますが、じっくりと患部を診察すればそれだけで時間が掛かります。
 加えて「慣れ」を生じ難くし、尚且つ強いランクに移行しなくて良いステロイドの正しい塗り方を説明す るだけでも20〜30分掛かります。
 良い治療をしていれば患者が殺到しますので、なかなか時間を掛けた診療は困難かも知れません。
 ですが、せめて初診の際にステロイド外用剤の塗り方をちゃんと時間を掛けて説明すべきです。
 2診以降も患部を十分に観察し、患者の薬の塗り方が悪くて症状が改善していないようなら、あらた めて時間を掛けて説明してくれる。  また、ステロイド剤が効き難い体質に対してはちゃんと代替治療 をしてくれる。  ・・・そういう医者を選びましょう。
 それがアトピー治療のはじめの一歩です。



トップへ
戻る
前へ
次へ